About

Fumiko is a composer and pianist. Her music is a colourful melting pot of driving rhythms, vibrant harmonies and multicultural influences of her European/Japanese background.

Her music has been performed and commissioned by musicians and performance groups worldwide, including the BBC Singers (Spitalfields Festival 2006), Opera North (National New Composers’ Forum, University of York 2005), MAE (Huddersfield Contemporary Music Festival 2007), Lontano (La Linea Latin Music Festival, Southbank Centre 2005), Orkest ‘de ereprijs’ (Gaudeamus Music Week 2004), Concorde (Galway Arts Festival 2005) and decibel (The Cutting Edge Series 2005 & 2007).

As a pianist, she specializes in performing contemporary repertoire and has premiered and performed many pieces by composers including Howard Skempton, Michael Finnissy, Laurence Crane, Diana Burrell, Michael Wolters, Joe Cutler, Donnacha Dennehy and Ed Bennett.  She has been Kate Halsall’s piano duo partner since 2013.

When Louis Andriessen visited Birmingham Conservatoire for his eponymous festival in cropped-img_0092.jpg2009, he described Fumiko as “Not only an amazing pianist, but also an amazing composer”.

 

 

宮地文子プロフィール

1979年東京生まれ、1993年父親の転勤に伴い渡英以来イギリス在住。3歳からピアノレッスンを始め、音楽は常に生活の一部であった。英国王立音楽大学(Royal College of Music)のジュニアデパートメントで第二専攻を選ぶ際、作曲と出逢う。当時はチェロを選ぶものの、もともと映画音楽などを耳から楽譜を起こすことが好きであったことから、最初に考えたのは作曲であり、この頃から作曲家でありピアニストであったと言える。ギルドホール音楽演劇学校(Guildhall School of Music and Drama)にて作曲の学士課程(特待生)及び修士課程修了後、サセックス大学にてマーティン•バトラー教授に師事し、博士課程修了。

たくさんの音楽家、アンサンブルから依頼を受け、作品が世界中で演奏されている。 BBC Singers (Spitalfields Festival), Opera North (National New Composers’ Forum University of York), MAE (Huddersfield Contemporary Music Festival), Lontano (La Linia Latin Music Festival, Southbank Centre), Orkest ‘de ereprijs’ (Gaudeamus Music Week), Concorde (Galway Arts Festival)やdecibel (Cutting Edge Series)などに楽曲を提供。

受賞暦も数多く、1997年Joan Weller Composition Prize、2002年Tracey Chadwell Memorial Prize、2005年Aldworth Philharmonic Orchestra Young Composers’ Award、2006年The New Millennium Composition Prize、2016年PRSF Women Make Music Awardなど名誉ある賞を受賞し、同じく2016年にはBASCA British Composer Awardの最終選考に選出。

ピアニストとしては、コンテンポラリーな曲の演奏に専念し、Howard Skempton、Michael Finnissy、Laurence Crane、Diana Burrell、Michael Wolters、Joe Cutler、Donnacha DennehyやColin Rileyなど、様々な作曲家の作品を演奏。2013年からはKate HalsallとCobalt Duoの名前でピアノデュオの活動も始める。

2011年、Louis Andriessenは「素晴らしいピアニストであるだけでなく、優れた作曲家だ」と評している。

2006年からバーミンガム音楽大学の作曲講師を勤める。